二拠点居住の始め方

最近、東京と長野をすごい勢いで行ったり来たりしている。

これが所謂「二拠点居住」というやつなのだろうか。

私の場合は、週末~月曜日まで長野におり、火~週末を東京で仕事をするというスタイル。

こういう話をすると、

「二拠点生活いいな~。」と言われることが多いのだが、自分の生活やお金のことを考えてみると、二拠点居住をすることは案外ハードルが低いな。

と思ったわけだ。

というわけで、この記事は「二拠点いいな~。って言うけど、君にも普通に出来るよ?」
という記事です。

まあ条件や地域なんかにも寄ると思うので、取りあえず私の今の生活スタイルや仕事について説明してみる。

因みにこれは東京のオフィスの前の景色。

そして、上田オフィスの前の景色。

環境が違いすぎるぜ。

スポンサーリンク

私の生活

職業は普通(?)の会社員だ。

長野県上田市に本社がある会社で働いていて、法人営業が担当なので東京での仕事が多くなってきて、東京にいる頻度が増えた。

月曜日は上田市の本社にいて、経理関係やら労務勤怠関係やらの仕事をまとめてしている。

そしてその仕事が終わったら、その足で東京に行く。

火~金は東京で法人営業だ。

東京駅近くのコワーキングスペースに入居していて、そこを拠点に営業に回っている。

そして週末は、東京で遊ぶこともあるし、長野に帰ってのんびりすることもある。

東京~長野の交通費は会社から出るので、二拠点居住で余分にかかっているお金は、長野での家賃とか車関係位だろうか。

そもそもなんで二拠点居住をしたいのだろう

余りにも聞かれるので、どういう人がなんで二拠点居住したがるのか考えてみた。

①地方出身で、今は東京で働いている人。
地方創成の動きで、二拠点居住という概念を知って、実際にやってる人に興味を持ってるパターン

②東京で働いている、趣味がアウトドアや旅行な人。
まあ、普段から週末は都市から出てきている。あちこち出掛けるけど、一ヶ所行きつけの田舎的な所が欲しい人

③都会の生活(仕事)に疲れてる人
満員電車や仕事に疲弊し、田舎に安らぎを求めている人

こんな感じか。

まず①の人は今すぐにでも二拠点居住出来る。週一で実家帰ればいいし。

家借りちゃえば?

②③の人も賃貸を借りちゃえばすぐに出来る。

前借りてた家は、温泉から徒歩5分の物件で19,000円だった。風呂トイレ別、ロフト付き。

今の家は、風呂トイレ別、独立洗面台付きで30,000円。

20代後半くらいにならば払えない金額ではないだろう。

てか奥さんに内緒で地方に家借りてる人とかいそう。

本拠地からのアクセスが良い場所を探して、取りあえずホテルとか借りて、バーとかに通ってみると良いと思う。

一回知り合いが出来ちゃえば、借りる踏ん切りも付きやすいだろう。

というわけで、私がいる長野県上田市は、東京からも新幹線で90分くらいだし、安い物件も多いし、山も温泉もあるし、お祭りも沢山あるし、お店も沢山あるから、割とお勧めだと思う。

というわけで「二拠点居住いいな~。」と言われたら、「上田市に家借りちゃえば?」と最近言ってる。という話でした。

すぎもん

1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする

すぎもんをフォローする
地方移住
シェアする
すぎもんをフォローする
すぎもんのサイト