チェコの有名温泉地!カルロヴィ・ヴァリで温泉を堪能しよう

ヨーロッパ周遊の2か国目、チェコ。

初めに訪れた地域「カルロヴィ・ヴァリ」が面白い地域だったので紹介していく。

地理的にはこんな位置。

スポンサーリンク

温泉は温泉でも…

カルロヴィ・ヴァリは世界的に有名な温泉地だ。

まちにはいたるところに温泉が湧いている。

中心部にはすごいだろ!といわんばかりの間欠泉。

20131007_153330

「さてさて、温泉はどこやろな~?」

と探していても、小さな健康スパばかりで良さそうなところが見つからない。。。

そう、カルロヴィヴァリで温泉というのは、もっぱら「飲泉」(温泉を飲んで健康になろう的なやつ)なのだった。

気を取り直して温泉を飲もう

まちにはこんな感じの温泉の蛇口?がたくさんある。
20131007_154210

カルロヴィ・ヴァリには12種類の源泉があるらしく、それぞれに番号が振られている。

目指すは全制覇だ。

20131007_161334

注いで飲む。

「んまずいぃぃっ!」

鉄の味が濃厚で、全然美味しくない。

そんなときの救世主を発見。

20131007_160435

こういううっすい温泉せんべいがいたるところで売られていて、

これを温泉の付け合わせに食べるという。

20131007_160839

「ごくっ。」

20131007_160840

「まっず!!!」

「せんべいバリバリ。」

こんな感じで続々と飲んでいく。

12種類を制覇したときの満足感はすごかった。

20131007_155307
カルロヴィ・ヴァリの町並みは真ん中に川が流れていて、建物も統一感があって、

歩いていても楽しい。

20131007_163203

名物の焦げるくらいまでカリッカリに焼いたソーセージも美味しい。

1002558_556144844455345_495372035_n
また、もうひとつの名物といえば13個目の源泉とも言われるくらい愛されているお酒「ベヘロフカ」。

まちにはこんな感じでベヘロフカが飲めるスタンドもある。

因みにアルコール度数は高い。

こんな感じで、飲泉にまち歩きにお酒に楽しめるカルロヴィ・ヴァリ。

ドイツからプラハに行く途中にあるので、ぜひ立ち寄ってみるといいと思う。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする