秩父・横瀬町に引っ越しました。

非常に今更ではあるのですが、勤めていた地元カンパニーを退職し、秩父に引っ越しました。

さて、秩父で何をしているかというと、宿をつくっています。こんな時に。

何でこんな大変な時に、秩父に引っ越して宿つくってんだよ。って感じなのですが、しょうがないのである。

物件の契約も完了し、そろそろ発信も頑張らねば。と思ったので、ご報告を兼ねて筆を執った次第です。

今までのキャリア

秩父に引っ越したことにより、訳が分からないキャリアがより訳が分からなくなりました。のでまとめてみます。

・都内農学部卒業

・都内でクロネコヤマトで産直通販支援や、ふるさと納税サービスをやる

・長野にかばん一つで引っ越して、㈱地元カンパニーに入社。地元のギフト事業をやる

・ワゴン杉本と名乗りだし、ワゴン車を改造して、車中泊しながら全国を回る

・東京に戻ってきて、地元カンパニー東京支社的な動きをする

・退社し、秩父に引っ越して宿開業の準備を始める

こんな感じ。

実は秩父に引っ越す準備は、2019年の8月くらいからしていました。

いざ本格化!というときに例のあいつが日本を席巻して、宿泊業界をめちゃくちゃにしました。

この状況には本当に頭を抱えて、今後を真剣に考え直しました。が、多少の軌道修正はあったものの、宿開業の準備を進めることにしました。

これについては、別記事にでもまとめてみようと思います。

なぜ長野でなく、秩父なのか

引っ越し先を秩父に選んだのにはいくつか理由があります。

軸としては、

①豊かな自然と綺麗な川がある

②都内から新幹線を使わずに2時間以内で行ける

③旅行先としてのコンテンツが丁度いい感じである

です。

選択肢としては、以下が出てきました。

・秩父

・奥多摩

・千葉の内房、外房らへん

・葉山、鎌倉らへん

・山梨の東側

で総合点が一番高かったのが、秩父というわけです。

①~③を軸にした理由は、

①豊かな自然と綺麗な川がある

これはやはり、長野と東京を行ったり来たりの生活をしていて、東京で生活し続けるイメージが全く湧かなかったのが理由です。

大自然での生活!が!したい!という程に強い欲求では無いのですが、

・都会に拠点を置いて、たまの休日に田舎を楽しむ

・田舎に拠点を置いて、たまの休日に都会を楽しむ

の2択だと、後者かなー。という温度感です。

でも、これくらいの温度感の選択で良いと思ってます。

また、自分のルーツが四万十川のある四万十市だからか、川が綺麗なところで生活したい。という欲求がありました。

②都内から新幹線を使わずに2時間以内で行ける

これは長野に住んでみてなのですが、新幹線代、バカにならない。

長野も秩父も都内から2時間以内という点は変わりないのですが、

・上田駅⇔東京駅 約95分/6,260円

・横瀬駅※⇔池袋駅 約75分/1,464円(特急)、約95分/754円(鈍行)

※今の最寄り駅。西武秩父駅の1駅手前。

と秩父は電車代が安いんです。ありがとう西武鉄道。

独立しても東京での仕事もちょこちょこあるし(クライアントに交通費を請求するときも「秩父安いね!」とそこまで嫌な顔をされない。ここデカい)、

飲みに誘われても、サクッと行ける距離感と金額と言うのがデカい!

(なので落ち着いたら気兼ねなく誘ってください)

③旅行先としてのコンテンツが丁度いい感じである
ここはビジネス的な視点なのですが、

・エリアとしての集客力がある程度ある

・競合がそこまで多くない

・土地代がバカ高くない

みたいなのを包括して、選びました。

私が最近行った観光地をじゃらんで検索して宿泊施設数を比べてみると、

金沢エリア189件、長野市エリア101件、秩父エリア43件

と秩父はまだ宿泊施設数が少ないことが分かります。

また、土地の坪単価も

金沢42万9293円/坪、長野市23万7936円/坪、秩父(横瀬町)10万9090円/坪

という感じ。上の数字はエリアの平均値ですが、実際私が準備しているところの土地価格はそれよりさらに安く激安でした。

でもこれ見ると長野市も悪くないな。

秩父は、アクセスの良さから日帰り客がメインで、みんな宿泊しないで帰ってしまう。というのがネックです。なので宿泊施設数も少ない。ここに関してはこれから私が努力するところであります。

集客が見込めるエリアで、高い固定費を払いながら競合と戦うのと、集客力は強くないけど、安い固定費で宿として集客力を高めていくのだと、後者の方が良いと判断しました。

これから何をするのか

これからというと、無事物件の契約が完了したので、宿を実際に作っていきます。

具体的には、民家を活用した、1日1組限定の一棟貸し旅館をつくります。

古民家じゃない民家の活用というのがポイントです。

これは長くなりそうなので、別記事書きます。

みんな遊びに来てね

秩父では一軒家に住んでます。賃貸だけど。

庭でBBQも出来るし、歩いて川にも温泉にも行けます。

いい感じの公園的なのも近くにあります。

部屋も余りまくってるので、泊まれます。

ということで、みんな落ち着いたら遊びに来ておくんなまし~。

すぎもん

東京育ち、秩父在住。
宅急便企業にて、通販企業支援、ふるさと納税サービス立ち上げ。
その後、ギフトEC企業にて事業部長。
やってること
・一棟貸し旅館(準備中)
・通販/物流ライター
・通販業務サポート
・旅×酒メディア「トラべろマガジン」

SNSをフォローする

すぎもんをフォローする
コラム 宿運営
シェアする
すぎもんをフォローする
スポンサーリンク
すぎもんのサイト