呪われたことのある私が今度は厄年にやられた話

まずはじめに、これは冗談半分の文章であるということを言っておきたい。

決してアドバイスが欲しいわけでも、厄を払いたいわけでも、呪いを本気で信じているわけでもない。

だから厄払いのネックレスとかいらないし、ここの厄払いが良いよ。みたいな情報も要らない。



私は現在25歳である。

そして、今この文章は病院のベッドの上で書いている。25歳にして初入院だ。

日頃の不摂生がたたったか~。と思っていたが、それにしても今年は多い。

まさか・・・と思ったら、今年はまだ厄年(後厄)だったのである。

「スギモト呪われる事件」

私は大学生の時に呪われたことがある。

「は?こいつ頭おかしい。」と思うかもしれんが、まあ聞いてくれ。

大学生の夏休み、田舎に旅行に行って、仲間と肝試しをしていた。

地元の人もやばいというトンネルにひとり近づいていった。

カラッカラに晴れてたのに、そのトンネルの周りだけビッチャビチャに濡れていた。

うわ、こわ!と思い、さっさと退散。

調子に乗った翌日、体調が急に悪くなった。

ただなんとか運転できるレベルだったので、東京まで運転して帰って、最後のひとりを送り届けた後、突然異変が襲った。

スポンサード

呪い、スタート

からだが動かない。

そして、全身のあらゆる関節が内側に曲がり始めた。

何とか急停車したが、異変は続く。

急に今まで付けていなかったラジオが付きはじめた。

そして、その直後呼吸が苦しくなった。

が、携帯を弄ることも出来ず、救急車も呼べない。

もうこうなったらやることはひとつしかない。

「マキシマムザホルモン」作戦

くそ、あれをやるしかないのか…!

最後の手段、私もこれをやりたくはなかったがしょうがない。

唯一自由に動く首。

首を激しくゆらし、頭をクラクションに打ち付ける。

「ブーーッ!!ブーーッ!!」

すると、女の人と目が合った。

「助かった…!」

「(救急車を呼んでくれ、呪われてるんだ!)」
この時点で声もでない。

「ジロジロ…」




「…スタスタスタッ!」

怯えた顔をして女の人は逃げていった。

「あの女、このまま死んだら化けて出てやる…」

こうして、呪いは、連鎖していくんだな。


もうこうなったらひたすら、ヘドバン。

数打ちゃ当たる作戦だ。

車内はさながらマキシマム・ザ・ホルモンのライブ会場だ。

ヘドバンを続けていたら、近くのガソスタのお兄さんがこれまた怯えつつも来てくれた。

こうして救急車で運ばれ、九死に一生を得た。

これが、俗に言う「スギモト呪われる事件」である。

不運な体質

もともと私は、ついていないことが多い。

海外旅行に行くと

・中欧の国境付近で遭難しかける

・泊まった宿の前で銃殺事件起きる

・麻薬の取引現場に遭遇する

・バスに乗車中、土砂崩れに巻き込まれる

など。

これらが30日の間に起きたり、


国内だと

・熊本出張に行ったら、阿蘇山が噴火して飛行機が飛ばない

・長野に旅行に行ったら、震度6の地震に遭い体育館で一夜を明かす

・長野出張に行ったら、御岳山が噴火する

・長野に移住したら、一日目に長野半域が停電する

など。


なので、厄年には十分注意していたつもりだった。

2015年が本厄だということで、厄払いに川崎大師にも行った。
(友人に便乗して)

そして、2015年がなにもなかったので安心していた。

2016年、後厄炸裂

そして2016年。

歯医者に行って、レントゲンを撮ったら、あごに不穏な影が。

あごの骨を削る手術をすることに。(美容整形手術ではない)

人生、初手術。

そして、今回

腹痛で倒れて、入院した。

人生初入院。

%e7%97%85%e5%ae%a4

割と、手術とか入院をしたことがないというのを健康アピールに使ってきたのだが、

それが、5月~9月までの間ですべて起こってしまった。

ああ、つらい。


ということで、まだ2016年は続くので気を付けたいと思います。

ご迷惑をおかけした皆さん、すみませんでした。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする