【写真で紹介】スロバキアの楽園!登山がスリリングな「Slovak Paradise」が最高に良い。人生初のヒッチハイクもここで。

ヨーロッパ周遊の4か国目。

スロバキアで訪れた「スロバキアの楽園」と呼ばれる国立公園「Slovak Paradise National Park」がとてもよかったので紹介する。

スポンサード

行き方

当時、相当苦労したのがここへの行き方だ。

滞在は割と大きな町「ポプラド」がオススメ。

ここからバスを乗り継いでいく。

まずはポプラドからコシツェという町を目指す。

そこから、スロバキアの楽園の入り口のあるスピシュスカー・ノヴァーヴェスというところまで行って、

さらにバスでスロバキアの楽園にたどり着いた。

と行っても、人に聞いたルートなので、最短かは分からないし、

大きなバス停があるわけでもないので、私は途中でバス停を見つけられず、謎の畑道をひたすら2時間歩く。という体験をしてしまった。

%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%8d%e6%97%85

辛かった…

まさに楽園!

やっとの思いでたどり着いた「Slovak Paradise National Park」はまさに楽園であった。

今回は「SUCHA BERA」というコースを選択。

20131013_111618

もはや道か分からないところをずんずん進んでいく。

%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%90%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%81%ae%e6%a5%bd%e5%9c%92

こんな木の道や

%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%90%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%81%ae%e6%a5%bd%e5%9c%92%e3%81%ae%e6%9c%a8%e3%81%ae%e9%81%93

もはや道?みたいなところもずんずん進んでいく。

slovakianraj

疲れて心が折れそうになるが、そんなときに元気づけてくれるのは、いつでもこの美しい景色たちだ。

%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%90%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%81%ae%e6%a5%bd%e5%9c%92%e3%81%ae%e9%81%93

楽しいのが、滝のわきを登っていく道。

基本、谷っぽいところを進んでいくので、結構遭遇する。

いざ!

20131013_115902

こういった鉄柵が岩にくっついていて、進んでいくが、普通に取れそうで怖い。

20131013_120114

高い。。。

20131013_120727

だいぶ高いところまで来たぞ!

%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%90%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%81%ae%e6%a5%bd%e5%9c%92%e9%ab%98%e3%81%84

最後のはしご!

20131013_120436

かなりスリリングだが、それが楽しい。

そのあともこんな細い道や

20131013_122210

体重制限で一人ずつしか渡れない橋とかをずんずん進んでいくと、

20131013_151236

頂上っぽいところが!

20131013_143146

頂上は割と広く、なぜか不気味な像なんかがあった。

下りは川沿いを進んでいく。

20131013_152040

こんな道がずっと続く。

20131013_152057

あんまり伝わらないけど、結構高い。。。

安定したところに足をつけたい欲求がすごい。

やっとのことで麓に到着!

20131013_164653

気付いたら夕暮れ時。ひらけた山脈地帯の景色が美しい。

20131013_224752

ひたすら歩いた後のスロバキアビールが美味いのなんの。。。

いかがだったであろうか。

朝から出発して、帰りは夕方くらいのペースのトレッキング。

日本だとあまり体験できないであろう、スリリングな滝を登るコースや

原林のような雰囲気の中を歩くことが出来る「スロバキアの楽園」。

アクセスが難しいが、何とか頑張ってぜひ行ってみて欲しい。

追記

実は、帰りもかなり苦戦した。

帰りのバス停でバスを待っていたら、時刻を過ぎてもバスが来ない。

まあ遅延はあるあるなのだが、時刻表から2時間経ってもバスが来ない。

数少ない、まちを歩いている人に尋ねると、英語は通じないが、なにやらオフシーズンはバスは来ないとのこと。

なにー!

ということでヒッチハイク敢行。

1380812_549065798496583_684595497_n

雨の中、2時間くらいかけてやっと捕まえて、やっとこさ宿に帰れたとさ。

行く人は帰りのルートも気を付けて欲しい。

Slovak Paradise

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする