リーズナブルに楽しめる貸し切り温泉旅館なら猿ヶ京温泉の「旅籠屋 丸一」がお勧め

アクティブな旅行もいいが、たまには旅館で何にもせずにのんびり過ごしたい。

そんなときに行きたいのが、こじんまりとした温泉旅館だ。

だが料金が高かったり、敷居が高いイメージがあったりする人も多いと思う。

私もそんなイメージがあったのだが、先日行った宿「旅籠屋 丸一」がとても良かったので紹介したい。

スポンサーリンク

場所は群馬県猿ヶ京温泉

「旅籠屋 丸一」さんがあるのは、群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉という場所。

東京からは車で行くと関越道で2時間弱。

東京からの近さものんびり旅としてのポイントは高めだ。

小さい旅館

小さい門をくぐると、

茶室もあるきれいな中庭が広がる。

趣のある玄関を入ると、

ここが客室だ。

客間には冬に嬉しいこたつが。2間続きの和室はのんびりできる要素しかない。

2種類の温泉

旅籠屋 丸一さんには2種類の温泉がある。

明治に建築され十五代続いた豪農の蔵。その古材を利用して作られたのが「蔵の湯 林」。

源泉かけ流しの露天風呂が楽しめる。

もう一つがこちらの貸し切り温泉。

3種類ある温泉を貸し切りで楽しめる。

温泉のあとは、地元産の飲むヨーグルトを飲むのが最高だ。

くぅ~。うめ~!

飲むヨーグルトは宿の近くのローソンで手に入るぞ。

群馬の食材を使った美味しい料理

丸一さんは料理も最高だった。地元群馬県の食材を使った料理たち。

この日のメインは、和牛の陶板焼き。

ジュ~~。

ゆっくり食事を楽しんだ後は部屋でのんびりしよう。

宿から徒歩3分くらいのところに酒屋さんがあるので、地酒をゲットしておこう。

地酒のスパークリング日本酒もあった。

その他にも地ビールなど、たくさんの種類のお酒が売ってるよ。

観光

猿ヶ京温泉の周りの観光地も一応紹介。

遊歩道がある赤谷湖。この日は雨が降っていたので断念。

高速のインター近くにあるのが「月夜野びーどろパーク」。

「月夜野」って地名かっこよすぎる。欲しい。

びーどろパークは、上越クリスタル硝子が運営するガラスのテーマパーク。

小さいながら工場見学も出来る。

職人技がすごい。。。

びーどろパーク内では「月夜野クラフトビール」というクラフトビールも醸造している。

夏は外でビールを飲むのもよさそうだ。

びーどろパークは、小さめの施設なので1時間くらいあれば見れると思う。

ひたすらのんびりするのにオススメな猿ヶ京温泉

周りに観光地はあまりないが、その分美味しいごはんと温泉を貸し切りで楽しめる猿ヶ京温泉。

アクティブに観光するのではなく、ひたすらのんびりして美味しいものを食べたいときにはぜひ行ってみて欲しい。

予約・詳細はこちらから

群馬県猿ヶ京温泉/旅籠屋 丸一

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする