社会人4年目のオーストラリアケアンズ旅。準備・旅行手配編

社会人4年目のGWに、社会人になってから初めて海外旅行に行った。

行き先はオーストラリアはケアンズ&エアーズロック。

これが思ったより航空券も安かったし、オーストラリアの気候的にも良かったので紹介したい。

今回は旅程や準備を中心に書いた。

体験記事は以下より。

社会人4年目のオーストラリア旅~エアーズロック編~

社会人4年目のオーストラリア旅~キュランダ高原列車編~

社会人4年目のオーストラリア旅。グレートバリアリーフ編

スポンサーリンク

旅程

旅程はこんな感じ。

一日目<エアーズロックサンセット>
20:30 成田発
4:50 ケアンズ空港着
7:30 ケアンズ空港発
10:30 エアーズロック空港着
14:30 エアーズロックのツアー参加
19:00 ツアー終了~ご飯

二日目<エアーズロック~ケアンズ(移動日)>
10:00 エアーズロックリゾート内散策
13:15 エアーズロックリゾート発
15:00 エアーズロック空港発
18:00 ケアンズ空港着
19:00 チェックイン&町散策

三日目<キュランダ高原列車>
9:00  ホテル発
10:00 スミスフィールドターミナル(スカイレールの発着駅)着
10:15 スカイレール乗車
12:00 キュランダ村着。散策
15:30 キュランダ高原列車にてケアンズへ
17:30 ケアンズ駅着

四日目<グレートバリアリーフ>
10:30 ケアンズの港発(リーフフリートターミナル)
11:30 グリーン島着
12:30 グラスボトムボート乗船
13:00 グラスボトムボート下船
16:30 グリーン島発
17:30 ケアンズ着

五日目<帰国>

今回の旅行はパッケージツアーではなく、自分で組み立てて予約していった。

ちょうど計画中に某旅行代理店が倒産し、お金を払ったのに旅行に行けなくなったり、海外に取り残された。みたいな話があったので、怖くて全部直接予約していくことにした。

飛行機

日本⇔ケアンズの飛行機は、Skyscanner、Expedia、トラベルこちゃん等色々調べたが、JETSTARの公式サイトが一番使いやすいし、安かった。

GWの約一ヶ月前に予約し、往復の運賃の安さと、スケジュールが丁度良い日を選んだ。
つまり、航空券の安さで日取りとスケジュールを決めた。

その結果、成田~ケアンズ往復で込々76,020円/人だった。

ちょっとGWをはみ出してしまったり、調べている間に高くなってしまったが、概ね満足だ。

エアーズロックは、丁度オーストラリアの中央に位置し、直行便は飛んでいない。なので、シドニーやケアンズ等の主要都市からさらに飛行機でアクセスする。
ケアンズからは大体2時間半くらいだ。

ケアンズ~エアーズロックは、Skyscannerで調べたら、往復ともQANTASLINK(カンタス航空)が安かった。

往復で900オーストラリアドル。2017年春時点で往復82,000円くらい。まあまあ高い。
後述するが、エアーズロックはホテルもツアーも結構高い。

エアーズロックに行くときは、お金がかかることを覚悟しよう。

エアーズロックホテル

ホテルは全てBooking.comで予約した。
私が学生のときより日本語対応も進み、格段に使いやすくなっていた。

これもじゃらんや楽天トラベル、トリバゴやホテル公式サイトなどを見たが、一番使いやすいし安かった。ありがとう。Booking.com。

エアーズロック一帯は、砂漠地帯になっていて、エアーズロック等が位置する国立公園と、ホテルなどがあるエアーズロックリゾート以外に何もない。

なので、ホテルやツアーも全てリゾート内で手配することになる。

選択肢が少ないので、選ぶのは楽だが、何れにしろ高い。

今回はランクが上から2番目のDESERT GARDENS HOTELにすることに。

高いけど、その分ちゃんと雰囲気は良い。

部屋もリゾート感があって最高だ。

安く泊まりたい人Outback Pioneer Hotel & Lodgeがオススメ。

ロッジだと数千円から泊まれるし、開放的なバーとかビリヤード台なんかもあって、宿泊者同士で仲良くもなれそうだった。

ただ、室内は見てないのでそこはご了承ください。

ケアンズホテル

ケアンズは観光地なので、ホテル探しには困らなかった。

高級ホテルなんかも色々あって、時期をずらして宿泊すれば、そこまでお金もかからない。

今回はThe Abbott Boutique Hotelというところに宿泊した。

町中にある普通のホテルだが、とにかくアクセスは良いし、中も狭いが綺麗なので、海外旅行で外出がメインだと全く問題なかった。

あと、受付の人がめちゃ親切で、そこがポイント高しだった。

ドアが薄くて廊下の声が聞こえる、TVのリモコンが壊れてた。と言うこともあったが、部屋も綺麗だったのでまあ及第点だった。

ウルル(エアーズロック)ツアー

ウルル(エアーズロック)に行くには、基本ツアーに申し込む。

自由に回りたかったので、ツアー以外の方法を探したのだが、そもそもエアーズロックが入場を制限された国立公園の中にあるので、じりきで近づくのは難しそうだった。

ウルルのツアーは基本高い。調べたところ、1社しかツアー会社が無く、そこに申し込む。

今回はサンセットツアーに申し込んだ。

カタ・ジュタと呼ばれる巨石群と、エアーズロックを巡るツアーだ。

ツアーはネットからも予約可能だが、私はホテルのデスクで当日に申し込んだ。

席数制限もあるので、出来ればネットで事前予約するといいと思う。

キュランダ高原

ケアンズ滞在の観光地のひとつ、キュランダ高原。

世界の車窓からのオープニングで有名になった「キュランダ高原列車」に乗っていくことの出来る定番スポットだ。

定番コースは、ケアンズ駅発着の「キュランダ高原列車」と「スカイレール」と呼ばれるゴンドラを組み合わせたコース。

今回はスカイレールでキュランダ高原に向かい、帰りを高原列車にすることに。

予約はネットで予約をした。

スカイレールの予約サイトから、片道スカイレール、片道高原列車という組み合わせで予約が出来る。

この予約方法で良かったことと悪かった点がある。

良かった点は
①ネットで予約、クレジット決済も出来るので安心。

②行きをスカイレール、帰りをキュランダ高原列車にしたこと

懸念点は
①スカイレールはスキーのリフトのように常に流れているので、おそらく事前予約じゃなくても乗れる

②スカイレールの駅まで行く、バス付のチケットを予約したのだが、タクシーの方が待たないし、たぶん早く着いた(2人以上の場合タクシーの方が安い場合も)

③高原列車は座席指定がされており、ネットから予約すると悪い席になる可能性がある(指定できたかもしれないが、分からなかった)

ということだ。

因みに良かった点の2つ目は割と重要で、スカイレールのケアンズ側の発着駅はケアンズ市街からまあまあ離れている。

そして、タクシーも停まっておらず、おそらく帰りにこちらについたら、ケアンズ市街に戻るのに苦労したと思う。

それも含めてベストな手段は
①事前にケアンズ駅で高原列車の席を予約しておく。その時に「窓側の席を希望」と伝えて予約する。

②当日はスカイレールの駅までタクシーで向かう。

③スカイレールの予約はせずに、当日にチケットを買う

こんな具合だろう。

グレートバリアリーフ(グリーン島)

ケアンズに来たのなら、グレートバリアリーフに行きたいだろう。

どうやって行くか。というと、基本ツアーを予約して、島に向かう。

グレートバリアリーフは、宇宙からも見える巨大な珊瑚礁郡。つまりバカでかい。つまり、そこのどこに向かうかでだいぶ変わってくる。

・グレートバリアリーフ内にある島に向かう

・珊瑚礁の真ん中に作られた人工の浮島に向かう

・ダイビングをして、海の中から景色を楽しむ

・ヘリなどで空からグレートバリアリーフを楽しむ

私は定番の島に向かうことにした。

一番の定番は、グリーン島。

グリーン島には、調べた限りツアーに申し込んでいくのが一番安そうだった。

VELTRAさんのツアーを予約。

どこのツアー会社で探しても、エコ・アドベンチャーというツアーがあって、それが一番安そうだった。

総括

長くなってしまったので、総括をしておこう。
・高いけど、エアーズロックは行くべし

・キュランダ高原列車は予約時に窓側を取るべし

・グレートバリアリーフは、ダイビングをすべし

以上。

意外と気軽に行けるから、みんな行ってみてね~。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする