社会人4年目のオーストラリア旅。グレートバリアリーフ編

社会人4年目のGW、社会人になって初めての海外、21ヵ国目の海外旅行に行った。

行き先はオーストラリアはケアンズ&エアーズロック。

なかなか良かったので紹介していく。

前記事はこちら。

社会人4年目のオーストラリアケアンズ旅。準備・旅行手配編

社会人4年目のオーストラリア旅。エアーズロック編

社会人4年目のオーストラリア旅。キュランダ高原列車編

スポンサーリンク

グレートバリアリーフって?

そもそもグレートバリアリーフってなんやねん?どこにあるねん?ということを説明しておくと、

グレートバリアリーフとは、

オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯。漢字表記は大堡礁(だいほしょう)。南緯10度から24度にかけて広がり、2,600km(1,600マイル)を超える長さに2,900以上の暗礁群と約900の島を持ち、総面積は344,400km2以上となる。地理的な位置は、クイーンズランド州沿岸の珊瑚海に存在する。
グレート・バリア・リーフは宇宙空間からも確認できるほど広大であり、生物が作り出した単一の構造物としては世界最大である。

だそう。wikipediaより。

つまり、あり得ないくらいデカイサンゴ礁ってことらしい。

なのでどこにあるかというのが説明しづらいが、オーストラリアの北東の海に位置している。

中でも、ケアンズから高速船で90分くらいで到着する、グリーン島というところが定番スポットになっている。

今回はそこに行ってきたので、レポートするぞ。

グリーン島に行こう

ケアンズのターミナルから様々な方面への船が出ていて、そこから向かう。

グリーン島に行く船は、基本ツアー会社が運航しており、行くためには、ツアーに申込む必要がある。

一番安いツアーには、シュノーケリングかグラスボトムボートツアーが付いている。

という訳で、一番安いツアー「エコ・アドベンチャー」を予約した。HISなどにもこのツアーはあり、どの旅行代理店んもあまり値段変わらなかったので、取りあえず安くいきたい人は、このツアーに申し込めばいいと思う。

さあ、いざグリーン島行きの船に乗車。

なかなか揺れがひどい。スタッフに言ったら酔い止めをくれるので、飲んでひたすら耐える…。

船の中ではオプショナルツアーの紹介がひたすらされている。

スキューバダイビングやパラセイリングなど、船内でも申込みが可能らしい。高そうだけど。

そうこうしているうちに、グリーン島に到着!

グリーン島は一周徒歩で一時間程の小さな島。

ホテルや飲食店などもある、リゾートアイランドだ。

プールなんかもある。

グレートバリアリーフ観光の拠点にもなっていて、ここから船でポントゥーンと呼ばれる珊瑚礁の中の浮島に行ったり、ヘリポートなんかもある。

まずはグラスボトムボートに乗る。

グラスボトムボートは、ボトムがガラスになっていて、海の中が見れるボード。そのまま。

グリーン島の沖の方を20分程ユラユラ周遊する。

しかし、とにかく酔う。

珊瑚礁や魚を楽しむ暇などなかった…。

中国人がたくさん乗っていて、魚が見えたらめっちゃ騒いでくれるので、そのときだけ下を見る。

とにかく早く島に返してくれ…という感情しかなかった。

もちろん、珊瑚礁の海はえげつない綺麗だ!

そうこうしているうちに島に戻る時間に。

島に戻って少し休んだら、お昼にした。

レストランは複数あり、ブッフェやイタリアン、バー的なところもある。

今回はハンバーガー屋さんをチョイス。

値段はオーストラリア&リゾート価格だが、うまい。

因みにこの島には、こういう鳥がいっぱいいて、常にハンバーガーを狙われた。こわい。

ご飯を食べ終わったら、島をぐるっと散策することにした。

この日は最高の天気で、白い砂浜を歩くだけで最高の景色が見ることができた。

海もこの透明度。見てよ、これ。

珍しい貝も落ちていた。

のんびり散歩を楽しむと、帰りの船が来ていたので帰宅。

ありがとう、グリーン島。

なかなか良い島だった。

ただ、グレートバリアリーフを全力で楽しむには、空から珊瑚礁を眺めるか、スキューバダイビングをするのが一番だと思った。

課金すればするほど、素晴らしい景色が見れると思う。

グリーン島だけでも海外のリゾート。みたいな気分は味わえるので、是非行ってみて欲しい。

船酔いには気を付けてね。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする