シェアする

休学したい学生に告ぐ。世界一周やあなたのやりたい事は休学はしなくてもきっとできる

シェアする

私は大学時代に4年間予備校でアルバイトをしていた。

そんなこともあって、facebookで今も現役大学生と繋がっているのだが、

最近多いのが、

「休学して○○します!」

というもの。

まあ、自分が大学生の時にも同じ大学の同級生にはいなかったが、知り合いの他大の学生には割といた。

私は今社会人3年目(2016年)なので、私が大学生の時に休学して色々していた人が少し遅れて華々しく社会人デビューをして、

そして、落ち着いてきているのが今頃だ。

私も人のことを言えないが、

何とな~く休学してる人の方が、会社や社会での立ち振る舞い方に困惑している人が多い気がする。

ので、ちょっと色々書いていく。あくまでも私の周りでの出来事かつ個人的な意見。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

休学して英語を学びます!→英語使う仕事していない

休学して、1年間語学留学する人は非常に多かった。

現地の大学に短期間だけ入学したり、大学でなく語学学校に行ったり、在籍大学の留学制度を使ったり。

だけど、ほとんど英語を使って仕事をしている人がいない。

まあ、社会人1~2年目で英語使える部署や仕事に配属される方が珍しい!だとか

日本人で英語をバリバリ使う職に就く方が圧倒的に難しい!ということもあると思う。

だけど、私の周りで英語を使って仕事をしている同世代はいる。

そういう人たちがどういう属性の人達かというと、

高校卒業後、そのまま海外の大学に進んだ人たち
or
学部のカリキュラムで、休学せずに1年間留学していた人たち

だ。

こういう人たちは高校時代より前から、英語を使うことを夢見ていたのだろう。

もちろん「留学=英語で仕事をするため」じゃないわ!

とお怒りの方もいるかもしれないが、その人の意見を否定しているわけではない。

もし今「将来英語を使って仕事をしたい!」という理由から、休学して留学を考えている人は

今一度、本当にその道が自分にとって一番やりたかったことなのか、深く考えてみて欲しい。

休学して海外一周をします!→ツイッターでめっちゃ会社の愚痴言ってる

これも多い。

世界の現状を見るために1年間日本を飛び出して、世界一周をしたり、海外インターンをしたり、ボランティアをしたり。

私の数個上のこのような活動をしている人達は、

会社を作っていたり、いまだに旅をする生活をしたり、尊敬している人も多い。

だけど、私の周りで一番多いのが、

普通の会社に入社し、毎日ツイッターで会社の愚痴を言っている人たちだ。

私も世界一周まではいかないものの、20ヵ国ほど旅をしているので気持ちは分かる。

「外国ではこうだったのに、なんで日本人はこんなに細かいんだ。」

「なんで残業がこんなに多いんだ。海外では残業は恥だった。」
etc.

世界を見て、日本の現状に疑問を抱くのは非常に良いことだ。

けれど、本人が幸せでないと、人生を楽しんでないと、何の意味もない。

休学してビジネスをします!→消息が分からなくなる

最後に休学をして、事業を起こしたり、様々な企業にインターンをしたり、

学生団体の活動を継続したりしていた人たち。

事業を起こした人の中には、会社を大きくして、従業員も増えて

「すげー。社会の役に立ってる…!」という人もいて、自分が情けなくなる。

しかしほとんどの人は、学生時代はあんなにSNSを更新して、色々宣伝したり近況報告をしていたのに

ぱったりとSNSに姿を現さなくなった。

もちろん直接会う人もいて、とても仕事が忙しそうにしているのだが、

みんなどこに行ったのだろう。

SNSは学生時代で飽きてしまったのかな。

実はこの人たちが一番幸せで、毎日充実して会社生活を送っていてSNSなんて投稿する暇も内容もないのかも知れない。

休学しなくても20ヵ国位なら巡れるし、カフェもやれる

私は、休学をしたわけでないが、海外をある程度回ったし、

大学生だけでカフェを作る。ということもした。

それはただ単純に

1,2年生で詰め込めるだけ単位を詰め込んで、卒業要件を早めに満たしただけだ。

休学して○○したい。という学生は、とりあえず、自分の時間割を見て考え直すのもありだと思う。

そして、私はまだ社会人3年目なので、別に成功例からものを言っている訳ではないことも念押ししておく。

あー、お金持ちになりたい。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする