シェアする

物流ライターを名乗ってみた

シェアする

一週間前くらいから、物流ライターと名乗ってみている。

本業は別にあるので、趣味と気まぐれの要素が大きいのだが。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

突如舞い込んだ、依頼

会社でクラウドソーシングを利用していることもあり、クラウドソーシングサイトに会員登録をしていた。全然使っていないが。

で、会員の人は分かると思うのだが、

「化粧品の記事書きませんか?」

「旅行記事書きませんか?」

みたいなメッセージが飛んでくることが多い。

そして、5000文字で2000円とか恐ろしく安い金額なことが多い。

WELQ騒動とかあっても、衰えないものだなあ。と全て無視していたのだが、あるときちゃんと会社名を名乗ったメッセージが飛んできた。

物流メディア立ち上げるので、書いてみませんか?

会社名で調べてみると、ちゃんと上場もしてる会社。

そして、文字単価3円(一記事5000〜6000円)ということから、

試しに、物流ライターやってみるか。

と思って依頼を受けた。

依頼が舞い込んだ理由と物流ライターと名乗った理由

私はクラウドソーシングサイトに簡単な経歴を書いていた。

以前物流系企業に勤めていた。と書いていたことから、プロフィールを探して見てくれて、依頼をしてくれたとのことだった。

書いてみるものだ。

そして世の中に「物流ライター」っているのかな?
と思って調べてみるも、ほとんどヒットしない。

前職の経験で物流・配送業界に面白さは感じていたし、

人力の業界にどんどんITが入ってきて、今後の展開としても物流業界おもしれー!と思っているところだったので、いっちょ名乗ってみるか。という感じです。

あとまあ、全くの初心者にしては単価が良かったので、

あくまでも趣味と実験って感じだ。

11ヶ月で業界を離れた人間がどこまでいけるか

こんだけ「物流面白い」とか書いているが、私は前職を11ヶ月で辞めている。

詳しく書くと、宅配便企業のグループ会社で主に産地直送企業向けサービスの部署にいた。

そして、気づいたら、産地直送企業に自分が入ってた。というオチだ。

後悔はしていない。

先に書いた実験というのは、11ヶ月で辞めた人間にどこまでニーズがあるか。を確かめたい感じだ。

あと最近勉強にハマっているので、依頼を受けて自分を追い込んで物流の勉強したいな。という想いもある。

やってみるも、すぐ飽きました

先日一記事目を書き上げた。

次の依頼が来るかは未定だが、感想としては



ライティング、飽きた。

こうやって趣味で文章を書いているから、書くことは嫌いじゃないはずなのだが、

やっぱり言われたことをただ黙々とやるのは苦手みたいだ。

提案をはじめました

言われたことだけをやるのが苦手だと改めて分かったので、

書きたい記事内容を提案してみることにした。

これなら、楽しみながら続けられるだろう。

提案した結果とかはまた記事にしようと思います。

楽しみだなあ。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする