シオプロが好きだ。

土日の過ごし方は、溜まった録画番組を見ることだ。

朝から爆笑してると、ああー幸せ。となる。

好きなテレビ番組を連続で見ていたら、ある共通点に気がついた。

番組のエンドロールによく出てくるワード「シオプロ」だ。

気になった私はすぐにネットで調べた。

最強の制作会社

調べてみると

シオプロは、テレビ番組の制作を行う制作プロダクション。お笑い番組、バラエティ番組を中心に展開する。2010年6月設立。

とのこと。(Wikipediaより)

ああー、制作会社ね。

どんな番組を作っているんだ?と見てみると、
<制作番組>
「水曜日のダウンタウン」TBSテレビ

「ゴッドタン」テレビ東京

「クレイジージャーニー」TBSテレビ

「ノンストップ」フジテレビ

「勇者ああああ」テレビ東京

「日村がゆく」AbemaTV

「フジモンのやりたい10のこと」AbemaTV

はい、めっちゃ好きじゃん。

ほとんど毎週見てるわ。

水曜日のダウンタウンとかゴッドタンとかクレイジージャーニーとかむっちゃ見てるわ。

過去の制作を見てみる。(Wikipedia)

リンカーン、テラスハウスとかの有名どころも作っていたのか。

他にもクイズタレント名鑑、そんなバカなマンとか面白くてむっちゃ好きだったのに終わったやつとかも作っていた。

この2番組が終わった時には、もうもはや日本のテレビは終わったと思ったよ、本当に。

「日村が行く!」がめっちゃおもしろい

これはアツいわ、シオプロ。シオプロが作ってる番組は間違い。と思ったので、AbemaTVでやっている「日村がゆく」を見てみた。

バラエティ開拓バラエティというテーマで、バラエティでは定番になっているものの新しい可能性を開拓するという番組。

初回のテーマは鼻フック。

鼻フックの新しい可能性を開拓するために、1時間ひたすら鼻フックをやりまくる。

はい。面白い。

そんなバカなマンに似たテイスト。オークラさんが構成やってるのか。やはり。

しかも、放送時間が水曜日の21時からなので、日村がゆく、からの、水曜日のダウンタウンという黄金の流れが出来上がる。

因みに「日村がゆく!」はAbemaTV上で初回から見ることが出来るので、ぜひ見てみて。

Abemaビデオ|日村がゆく!

ということで、これからは制作番組で追っかけていこうかな思ったという話でした。

すぎもん

東京育ち、秩父在住。
宅急便企業にて、通販企業支援、ふるさと納税サービス立ち上げ。
その後、ギフトEC企業にて事業部長。
やってること
・一棟貸し旅館(準備中)
・通販/物流ライター
・通販業務サポート
・旅×酒メディア「トラべろマガジン」

SNSをフォローする

すぎもんをフォローする
コラム
シェアする
すぎもんをフォローする
スポンサーリンク
すぎもんのサイト