シェアする

冬の都内おでかけなら東京ドームシティの「TenQ」がいいよ。でもミュージアムというより謎解きがメイン。

シェアする

冬は恐ろしく外出したくなくなる。

温泉とか買い物ばかりのルーティーンになっていた。

それを打開すべく、東京ドームシティにある宇宙ミュージアム「TenQ」に行ってみたら楽しかったのでレビュー。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

宇宙ミュージアム「TenQ」とは

全人類の憧れ、宇宙。宇宙が嫌いという人には会ったことがない。

そんな宇宙ミュージアムが東京のど真ん中の東京ドームシティの中にあるのをご存じだろうか?

それが「TenQ」だ。

施設コンセプト「宇宙を感動する」

心打つ星空、圧倒的な宇宙空間、最先端のサイエンス、宇宙からインスピレーションを受けたカルチャーなどを楽しめる新しいエンタテインメント施設・・・『宇宙ミュージアムTenQ』
これまでとは違った視点から、「なるほど!」「もっと知りたい!」「誰かに話したい」という心地よい好奇心が味わえます。

ホームページより

うん、楽しそうだ。

なんといっても最高なのが都心駅近なこと。

東京ドームシティの中にあるので、駅からの距離はほぼないと言っていいだろう。

料金は当日券1,800円、予約1,600円。Webから簡単に購入できるので予約して行こう。
(2017年1月現在)

「TenQ」フロア案内

始めに結論を言ってしまおう。

「TenQ」はミュージアムというより「ミッションラリーQ」が全てだと。

「ミッションラリーQ」って何?は後で説明するとして取りあえず説明していく。TenQのフロアは主に

①トンネル0(ゼロ)

②始まりの部屋

③シアター宙

④サイエンス

⑤イマジネーション

⑥企画展示室

⑦つながる場所

となっている。

色々な部屋があるが、「TenQ」のメインは2つだろう。

・「始まりの部屋」と「シアター宙」で見ることの出来るプロジェクションマッピングと迫力ある映像

・謎解きゲーム「ミッションラリ―Q」

「トンネル0」は真っ暗な通路。ちょっと進むと始まりの部屋に着くが、真っ暗な廊下がこの先のワクワクを高めてくれる。

短い通路だが、個人的にこういう演出は好き。

次が「始まりの部屋」。約5分ほどのプロジェクションマッピングを見る。

http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/areaintroduction/hajimarinoheya/

小規模だが、結構すごい。

この映像が実物で見ることが出来る。ちょっと近い場所で見過ぎて酔ったけど。

次のシアター宙がとにかくすごい。

円形の部屋の中央の床に大きなシアターがあり、宇宙や地球の映像が映し出される。

http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/areaintroduction/theatersora/

地球に空いた穴を見るように映像を見るので、宙に浮いた気分になる。

この後に展示室に行くわけだが、純粋に展示を楽しんでいる人は少なく感じた。
(悪い意味じゃないよ。)

謎解きゲーム「ミッションラリ―Q」

じゃあ、何を楽しむの?というと展示室のほとんどを使って行うゲーム「ミッションラリ―Q」だ。

館内にガチャガチャがあり、300円で出来る。入場料とは別ね。

No.01とNo.02の2種類があるので、好きな方を選ぼう。

ガチャガチャのカプセルを開けると、謎解きのクロスワードパズルのような紙とペンが入っている。

このクロスワードを埋めるキーワードが館内に散らばっていて、展示を見ながら探していく。

詳しいことはネタバレになるので言えないが、我々はスタッフさんにヒントを貰わないと解けなかった。。。

最後はビックリする仕掛けが次々にあって、「くっそ~!やられた!」という感じになる。

クリアの証のスタンプ!クリアまでの所要時間2時間以上。。。かかりすぎかな。

ミッションラリーQを終わって気付いたが、そもそもこの施設はミッションラリーQをだいぶメインに置いた施設なんだろうなあ。と思った。

写真を撮ろう

最後の部屋は記念写真の部屋。

パシャ!

パシャ!

こういうの普通に楽しいよね。

レジャー施設だと思っていくと楽しめる

都心で気軽に楽しめる「TenQ」。

宇宙大好き!や博物館大好き!という人には少し物足りないかもしれないが、

友達とワイワイ謎解きをするのにはぴったりの施設だと思う。

「TenQ」だけで3時間くらいは楽しめるし、そのあとは東京ドームシティでショッピングやアトラクション、スパも楽しめるので

ぜひ行ってみよう。

宇宙ミュージアム「TenQ」

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)とは、心打つ星空、圧倒的な宇宙空間、最先端のサイエンス、宇宙からインスピレーションを受けたカルチャーなどを楽しめる新しいエンタテインメント施設です。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする