シェアする

図書館の新しいかたち!武雄市図書館と武蔵野プレイスを比べてきた

シェアする

今、地域における図書館のかたちが見直されはじめている。

佐賀県武雄市にある『武雄市立図書館』と東京都武蔵野市にある『武蔵野プレイス』は新しい図書館の代表だ。

両図書館ともカフェが併設されているなど、人々が集いやすくなっているのが大きな特徴。

地域コミュニティの中で、新しい図書館はどのような役割を担っているのか。
その可能性を探りに視察に行ってきた。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

ツタヤ運営会社が運営する武雄市図書館

武雄市図書館の大きな特徴はツタヤを運営する『CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)』が運営をしているという点だ。

まず、店内に入るとコーヒーの香りと大きな吹き抜け空間が広がる。
スターバックスが図書館に併設されており、コーヒーを飲みながら本を読める。

また太陽光を取り入れる大きなガラスがあり、開放的で明るい雰囲気になっている。

https://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/top.do

あの図書館独特のにおいと、息の詰まるような雰囲気がないのはかなり大きい。
長時間滞在しても、嫌にならない雰囲気だ。

そして、入るとすぐのところには平積みの雑誌と本。
これは販売用で、武雄市のコンセプトからか、デザインやファッション、地域コミュニティや旅に関する本が多い。

また外では『タケオマルシェ』というイベントもやっており、地域のお店が出店し、家族連れで賑わっていた。

全体的に、CCCが運営しているのもあって、都内の代官山蔦谷書店のような雰囲気。

ちょっとラフな格好で行くのは恥ずかしい。と思うほどお洒落。

学校帰りの学生がお喋りの場所・みんなで勉強する場所として使ったり、家族で休日に出掛ける場所として使われている印象であった。

ひと・まち・情報 創造館『武蔵野プレイス』

東京都武蔵野市にある『武蔵野プレイス』は『ひと・まち・情報 創造館』というコンセプトの新しい図書館だ。

こちらは一般社団法人が運営している。

B3Fから4Fまであり、図書館の他にもお洒落なカフェや学童のようなスペース、
市民活動フロアにテラスまで様々な施設が併設されている。

http://www.musashino.or.jp

1Fのパークラウンジにはマガジンエリアとカフェがある。

http://www.musashino.or.jp

カフェには本や雑誌を持ち込むことができ、コーヒーを飲みながら雑誌を読んだり、お喋りなどを楽しめる賑やかで明るい空間になっている。

メインライブラリーはB1Fにあり、こちらはパークラウンジとうってかわって静かな空間。

そこからひとつ下の階が、ティーンズスタジオ。

テーブルスペースでは、お菓子を食べながら勉強をしていたり、貸出のボードゲームで遊ぶ子供で賑わっている。
周りには、運動が出来る部屋や音楽スタジオがあり、まさに青少年の居場所・創作活動の場になっている。

因みに お菓子のにおいがすごい。

4Fは市民活動の場であり、いくつもある会議室で、NPOや市民団体が活動している。

武蔵野プレイスはそのまま告知スペース・イベントスペースになっており、常時様々なイベント情報が掲示板に載っている。

年代や使い方によって階が分かれており、どんな人でも使いやすいまさに『ひとと情報』が集まる場所であった。

運営母体の違い

市が運営を委託している点から、比較されることが多い『武雄市図書館』と『武蔵野プレイス』。

しかし、民間企業と一般社団法人が運営しているという違いから、特徴にも違いがあった。
やはり、武雄市図書館は民間がゆえのひとを集めて収益を得るという側面も見られた。

しかし地元の商店がマルシェを出せたり、中に民芸品が置かれたり地元の産業を応援できている。
そして観光に来る人も楽しめるつくりになっていることから、観光地として有名な武雄市の新たな魅力として機能していることは間違いない。
(文化財に指定されている武雄温泉がある。とても素敵な場所なので、是非図書館とセットで泊まりで楽しんでほしい。)

一方で武蔵野プレイスは、市民活動のフロアや、イベントスペース、青少年の居場所・創作活動の場など、市民に寄り添っている。
様々な『ひと』と『情報』が集まることにより、まちの活性化を深められるような施設になっている。

実際に行って比べてみよう

観光地として市内外の人が集える場所である印象のつよい『武雄市図書館』と、
市民の交流により焦点を置いている印象の『武蔵野プレイス』。

どちらも図書館の新しいかたちとして、地域コミュニティに貢献していた。
興味がある人は是非比べてみると面白い。

武雄市図書館では、従来の図書無料貸し出しはもちろんのこと、蔦屋書店の併設により、本の購入が可能です。また、館内にはカフェも併設され、コーヒーを飲みながら本を読むこともできます。

佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304番地1
JR佐世保線「武雄温泉」駅より徒歩15分

東京都武蔵野市境南町2-3-18
JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」南口下車、徒歩1分

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする