シェアする

秋の北海道は層雲峡に行こう。紅葉谷と銀河流星の滝が良かった。

シェアする

前半は札幌市内でひたすら食ったものをあげた。

その①:人生初めて北海道に行ったが、航空券安いわ、サッポロビール園は楽しいわでそりゃみんな北海道行くわ。と思った

その②:札幌で海鮮丼を食べるなら、場外市場よりさっぽろ朝市の丼兵衛が安くてうまい。

ここからは二日目の午後からの記事だ。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

北海道の長距離ドライブを楽しもう

札幌で海鮮丼を楽しんだ我々は、紅葉で有名なスポット「層雲峡」へと向かった。

しかしここは北海道。向かうと言っても移動がまあまあえぐい。

札幌から層雲峡まではこんくらい。

距離にして200km、時間は3時間くらいかかった。

おおぅ。。。

まあこういう長距離ドライブも北海道旅行の醍醐味だ。

道中の景色も北海道らしく、清々しい。

層雲峡へ行こう

札幌はそんなに紅葉で無かったが、層雲峡に近づけば近づくほど、山が色づいてくる。

これは期待が出来るぞ…

目的地が近づいてくると、、、

おぉ~~。

良い。

そして、到着。層雲峡。

中心地は、観光地っぽい飲食店がいくつかある。

さあ、ここを拠点に近くの2つの紅葉スポットに向かった。

「紅葉谷」と「双瀑台」だ。

紅葉谷をハイキング

中心地から車で5分ほどの紅葉谷に行った。

紅葉谷は、沢沿いの山道で終点には紅葉滝がある片道40分ほどのハイキングコース。

入口からすでに綺麗。

途中の道は中々ハードだ。

多分ちゃんとした運動靴・スニーカーで来ないと大変だと思う。

途中に見えるなぞの岩。

ゴゴゴゴゴ…!!
(なんか聖なる遺体の目がありそうな場所だ。)

その後も笹やぶがあったり、

柱上の崖があったりいい感じだ。

そして、歩くこと40分弱。

紅葉滝に来たー!

思ったより、激しい滝。

紅葉滝という名前だが、この辺の紅葉はもう見頃が終わっていたのかな?あまり綺麗ではなかった。

が、滝まで来れて満足感!

因みにここまでまあまあ登ってきたからか、寒い。

寒いので、すぐに退散した。

「銀河の滝・流星の滝」二つの滝が見える双瀑台


次に訪れたのは「銀河の滝・流星の滝」。

なんか、中二病満載の名前だ。

ここは紅葉谷から車で5~10分ほどだ。

駐車場に車を停めると、早速滝っぽい音がするぞ?

あったー!

圧倒的滝。

山の上から綺麗に流れる滝。テンションがあがる。

しかし、ここからだと一つしか滝が見えない。

二つの滝が一気に見えるスポットは、山の上にある。

その名も「双瀑台」。これまた中二病っぽい。

ここから登っていく。20分程登ると着くようだ。


ずんずん登っていく。


するとデッキが見えてきた!


そこが抜けていて危ないところだった。下には警備員さんやら一杯いたのに、ここは手薄なんかい。

まあいい。デッキから撮った写真がこちら。

​おおー。二つの滝が見える!

ここが双瀑台か?もう登りたくないな。と思ったので

「双瀑台と言うのは場所の名前でなく、概念だ。滝が二つ見えて、自分達が『ここが双瀑台だ。』と思えば、その場所が双瀑台なのだ。」

とか語っていたら、通りがかったお兄さんが親切に「双瀑台はあと10分くらい上ですよ。」

と教えてくれた。

そう言われたら登ろう。

登ること10分。

見えた景色がこちら!

・・・西日ぃぃ!!!

西日がスゴくて全く綺麗に滝が見えなかった。

そして、頂上で中国人のカップルが恐ろしくいちゃついていた。

というわけで下山。

午後に登る人は第一の双瀑台までしか登らない方が良いと思う。

宿へ

紅葉を満喫したら、今日の宿へ。

泊まったのは層雲峡温泉朝陽リゾートホテル。

層雲峡温泉 朝陽リゾートホテル

​前述の場所からも10分~15分程と近く、コンビニ(セブンイレブン)も目の前にあるため、ロケーションとしては良い。

お手頃だし、中も清潔だし、バイキングも美味しかったので、だいぶ満足。

そして、やはり一番は温泉。温泉はこのホテルにあるものの他に、別館(シャトルバスが定期的に出ている)のものも無料で使える。

広目の内湯と、露天風呂もあり、サウナ・水風呂もあって大満足であった。

泉質も良かったよ。

そして一番良かったのが、朝、窓からの景色。

ばーん。

川側の部屋だったので、紅葉がとても綺麗に見えた。

まるで絵画。

コンパクトなエリアで紅葉と温泉を楽しめる層雲峡。

大満足だった。

因みにここまで読んでもらって言うのも何なんだが、この年は行く一週間くらい前に急に寒くなり、割と紅葉具合は下り坂だったらしい。

他にも紅葉が綺麗な沼があったり、ベストシーズンはもっとすごいと思うので、ぜひみんな行ってみて欲しい。

因みにベストシーズンはこんな感じらしいよ。


(社団法人層雲峡観光協会Webページより)

次は富良野へ向かう。

続く。

今回宿泊した場所は:層雲峡温泉 朝陽リゾートホテル

前記事はこちら

その①:人生初めて北海道に行ったが、航空券安いわ、サッポロビール園は楽しいわでそりゃみんな北海道行くわ。と思った

その②:札幌で海鮮丼を食べるなら、場外市場よりさっぽろ朝市丼兵衛が安くてうまい。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする