シェアする

「低クオリティこそが、俺の中では高クオリティだった。」

シェアする

近年の技術の進歩か、あらゆるもののクオリティが上がっている。

特に「食」のクオリティは最近すごい。

コンビニコーヒーでは挽きたての味が楽しめるし、

コンビニスイーツ、アイスもうまい。ヘタなレストランよりうまい。

マルちゃん製麺をはじめとする、何て言ったらいいか分かんないけど、ストレートタイプのインスタントラーメンも美味しくて大ヒットした。

だけど、たまに無性に

「俺が求めてるのは、この洗練された味じゃないんだ…!」

というときがある。

そのときに、失った感覚に気付くのだ。

く~!コレコレ…現象

ある日、いつものようにコンビニに出掛けた。

そしていつものようにコンビニのアイスコーヒーを買うべく、アイスカップを買おうと手に取った瞬間、

「お前に合うのは、洗練されたクオリティの高い味じゃないだろ。」

アイスカップがそう私に言ってくる。

そして、店内を歩いて自然と手に取ったのがこれだった。

dsc_0083.jpg

く~!コレコレ!

「缶コーヒー」だ。

いやいや、これなのか?

コンビニコーヒーよりちょっと高いし、甘過ぎるし、量も少ない。

カポッ!…ゴクン。



「く~!コレコレ!」

僅かしか感じないコーヒーの薫り。

甘過ぎて、添加物が感じられる味。

そして、明らかに物足りない量。

これなんだよ。

縮れようぜ

そこからの勢いはすごかった。

ストレートなインスタントラーメン。

はい、違う。

私が欲しているのは、

「私が生麺だ!」

みたいなストレート麺でもなく、

「蓋の上に置いて程よく柔らかくしろよ。」

「食べる直前に入れるんだぜ」

とお高くとまっているスープの素でもなく、

縮れまくりの麺と、

フッツーの粉のスープの素でつくるチャルメラのようなインスタントラーメンだった。

「低クオリティこそが、俺の中では高クオリティだった。」

こう気づいたとき、

「遠回りこそが俺の最短の道だった」

と、スティールボールランでジャイロが言っていた言葉の意味が、やっと分かった気がした。





ジョジョの実写化、どうなるか楽しみです。

これが言いたかっただけ。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)