シェアする

起業したい人に示したいゴンとキルアの選択肢

シェアする

こんにちは、すぎもん(@suginomoto73)です。

こんな偉そうなタイトルを書いているが、私は別に社長な訳ではないし、社会人歴4年のぺーぺーだ。

でも、仕事で大学生とかと絡む機会も多かったりして、起業したいんですよね〜。とか話されることも多い。

起業したい!ということそれ自体は素晴らしいと思うが、小さいベンチャー企業の一員としてちょっと思うところがあって、この文章を書き始めた。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

起業したい。の種類

まあその前に「起業したい!」という人にもいくつかパターンはあると思っていて、

①とにかく「社長」になりたい

②ある目的達成や課題解決の為

大きく分けるとこの2つだと思う。

あとは、お金持ちになりたい。とか、良いアイデアを思い付いた。とかあるとは思うが。

今回の記事は、①の人にはあまり関係のない話になると思う。

ハンターハンター、ゴンの目的

ハンターハンターは週刊少年ジャンプで連載(?←休載しまくってるから疑問符)している漫画。

田舎の島出身の少年ゴンが、ハンターである父親を探すために、自身もハンターになる物語である。

http://articleimage.nicoblomaga.jp

その話のひとつにグリードアイランド編というのがある。

父親の手掛かりになる幻のゲーム「グリードアイランド」を探してプレイ、クリアする。という話だ。

このグリードアイランドは難易度がめちゃくちゃ高く、今までクリア者はひとりもいない。

と同時に、クリア時の報酬も凄まじいため、その金額も相まって幻のゲームとなっている。

幻のゲームがオークションに出品されたので、それをゲットするために奔走するのだが、

元々の販売価格が約60億と、めちゃくちゃ高く、資金集めは難航する。

そんな中、ゴンが思い付いた秘策により、無事ゲームをプレイすることが出来た。

目的達成のための抜け穴とは?

その抜け穴とは、

「ゲームを落札した人に雇ってもらう」

というシンプルな方法だった。

ゲームは1台につき同時に8人までプレイ出来るが、逆に言うと8人しかプレイ出来ない。

なので、落札者はより、クリア確率の高い人材集めを必死に行う。とゴンたちは考えたのだ。

その予想はあたり、無事選考もクリアして、ゴンはゲームをプレイすることが出来た。

ゴンの考えは実生活で使える

この話を初めて読んだときは、そんなに気にしていなかったが、自分でWebサイトを立ち上げたり、色んな事にチャレンジするようになってからは、この話を時々思い出すようになった。

ゴンたちの目的ははじめからグリードアイランドをプレイすることだった。

それに「落札するのに多額のお金が必要」という情報が加わってしまってから、ちょっとずつ目的が

・グリードアイランドをプレイする

・グリードアイランドをゲットする

・お金を集める

という風にずれてきてしまっていたのだ。

落札価格を獲得して「ゲームを手に入れる」。ということを目的に置かず、

あらゆる手を使って「ゲームをプレイする」ことを目指す。

この秘策は割と実生活でも活用できると思っている。

自分の似たアイデアや目的を持っている人は割といて、

その目的や目標が大きいほど、強力な仲間を欲している。

何も、落札のために競り合う必要はない。

ということで、起業したい!と思っている人は、

それに向けた資金調達・融資とかを考える前に、

自分と似た目的を持った人を探すところから始めてみては?

ということを言いたい記事でした。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする