シェアする

みんなクラフトビール「月面画報」の美味さに気づいていないので魅力を語る。常温が美味いのよ。

シェアする

今はクラフトビールのブームと言っても過言ではなく、コンビニやスーパーなどでも簡単に手に入るようになった。

大手ビールメーカーもこぞってエールビールなどを発売している。

かくいう私もクラフトビールが大好きでよく飲む。
(クラフトビールが好きというか、ピルスナー以外のビールも好き)

そんな中、最高に美味しいビールに出会ったので紹介する。

ローソンには、よなよなエールでおなじみのヤッホーブルーイングのビールがたくさん売っている。

私もヤッホーさんの商品は好きでよく買っていたのだが、定番のよなよなエールやインドの青鬼ばかり買っていて、手を出していなかった商品がある。

それが「月面画報」だ。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

ヤッホーブルーイングの「月面画報」

実はAmazonとローソン限定発売という「月面画報」。

「ベルジャンペールエール」という種類の種類のものらしい。

注いでいくとこんな感じ。

美味そう~。うーん。いい香りだ。。。

ビールの専門家でないので、味や香りの感想はWebページから引用。

このビールの香りは、他のどんなビールとも似ていない。
スパイシーでもあり、柑橘系のようでもあり、トロピカルフルーツのようでもある。
ベルジャン酵母とアメリカンホップが織りなすユニークな香りと適度な香りとモルト感。
温度によって変換する印象が、ゆったりとした夜を演出する。

月面画報|ヤッホーブルーイングより

すげー文才。こんな例えを出来るようになりたい。

私はイギリスのオックスフォードのブリティッシュパブで、エールビールを常温で飲んで以来、常温で美味しいビールを探し続けてきた。

「月面画報」は常温で飲むとまじで最高だ。

…んんんまいっっ。

常温でビールがうまいのか?という人は一度まじで試してほしい。

スーパードライ、一番搾り、プレモルなど日本のビールのほとんどは低温(6~15℃)で発酵してつくる。

一方、エールビールなどの上面発酵ビールと呼ばれるものは比較的高温(20~25℃)で発酵してつくる。

ビールの美味しい温度は、この発酵温度によるらしい。

理屈はよく分からないが、私はこのビールは冷やして飲むより常温で飲んだ方が美味しかった。個人的にはね

ローソンAmazonで売っているので、ぜひ飲んでみてね。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする