シェアする

記憶喪失注意!コンビニゲームのススメ

シェアする

私が毎年大学の友人と会うときにやっている遊びがある。

コンビニゲーム」だ。

なにそれ?と思うかも知れないが、人に薦めたくなるほど楽しいので、この記事を書いているわけだ。

騙されたと思って、最後まで読んでほしい。

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)

コンビニゲームとは?

コンビニゲームとは、外でコンビニを使ってやるゲームだ。

ルールは

①ゴール(目的地)を決めて、そこに向かって歩く

②コンビニを見つけたら、入って缶のお酒を買う

③次のコンビニまでに買ったお酒を飲み切る

④コンビニを見つけたら、入って缶のお酒を買う

この繰り返しだ。

因みにコンビニを見つけたら、必ずお酒を買わなければいけない。

コンビニゲームとの出会い

コンビニゲームとの出会いは偶然だった。

大学時代、友人たちと博多を旅行していたときのこと。

モツ鍋やら屋台やらを楽しんで、12時ごろに宿泊していたホテルに帰ろうと、地下鉄に向かった。

すると、

「地下鉄が・・・閉まっている・・・!」

そう、終電を逃してしまったのだ。てか終電早え。

しょうがなく、googleマップで徒歩ルートを調べてみると約30分ほど。

これなら歩いて帰るか。ということで、歩きながらホテルに向かった。

せっかくなので、コンビニでお酒を買って飲みながら、町を歩いていた。

そして、気づいたら、コンビニを見つけたら必ずお酒を買わなければいけない。というルールが出来た。

そして、これが面白い。

やっているうちに、追加ルールも発生した。

・ジャンケンで負けた一人は、ロング缶を買わなければいけない。

・あまりにコンビニが多いときは、2人一組になって行っても可

・ミニストップはコンビニではない

そんなこんなで、大学の友人と会うときは、たまにコンビニゲームをしているのだ。

因みに博多のコンビニゲームは最終的にこのありさま。

この間久々にやってみたら

この間、久々に年末に集まったので、開催してみた。

今回のルートは原宿~下北沢。

いざ、スタート!

はじめは、ビールをグイッといく。このときは、まだうまい。

ここからはひたすら、飲みながら歩く。

3軒目くらいから、「辛いわ・・・」という声が漏れてくる。

それでも、コンビニを見つける度に飲み続けるのだ。

まだ元気。

おつまみを飲みながら歩いていたら、急におばさんに話しかけられた。

お酒を飲んで陽気な我ら。何をやっているのか?と聞かれたので、コンビニゲームの説明をする。

「面白いわね~!」

そういって、おばさんは我々に1000円をくれた。

おばさんから1000円を貰える。それが、コンビニゲーム!

もうこの辺から、コンビニを見つけるたびに悲鳴が上がるようになってきた。

う、うわ~!コンビニだー!

ここからはあまり覚えていない。

何とか無事に下北沢にたどり着いたので、取りあえず座って飲む。

が、このありさま。

取りあえず楽しかった。

レッツ!コンビニゲーム

コンビニゲームをやるのに適した場所の条件は

・スタートからゴールまで不通に行くと30分~1時間くらいの距離

・そこそこコンビニがありそうな道

以上だ。

ぜひみんなもやってみて欲しい。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする