シェアする

チェコから夜行列車で揺られて、ポーランドの負の世界遺産「アウシュヴィッツ」に行ってきた。

シェアする

負の遺産で有名なアウシュヴィッツ。一度は行ってみたい人が多いのではないでしょうか。

アウシュヴィッツはポーランドの「クラクフ(krakow)」という町の近くにあります。

私は、プラハから列車でクラクフに行ったのですが、まあお勧めしません。

特に夜行列車は辞めといたほうがいいです。

7時間くらいかかるのですが、本気で怖い。

夜行列車はブースに分かれているのですが、夜中になると一人になります。

そして、怖い人達がある駅で一斉に乗り込んできます。

夜行列車なので、寝ようと企んでいたのですが、ばれないように部屋の隅に張り付いておくので精一杯。

寝る?無理です。

ちなみに、クラクフを目指す人のあるあるですが、普通に聞いても分かりません。

「Krakow」と書いて、日本では「クラクフ」と言います。

しかし、チェコ、ポーランドでは、「クラコウ」と発音しないと通じません。

・・・そのままの発音でええやんけ!!

誰だよ。クラクフとか言い出したやつ。

クラクフに着いたら、落ち着きたいのですぐにチェックイン。

泊まったホステルは、Hostel DECO

部屋はきれいで、キッチン、ダイニングも充実しており、ダイニングでは毎日酒を飲んでいるおっさんがいました。

おっさんは昼間から、瓶をガブ飲みしており、近寄れなかったです笑

色んな国の方がクラクフには集まります。

そのかなりの人がアウシュヴィッツ目当てです。

そんな人と宿で仲良くなり、一緒にアウシュヴィッツを回りましょう。

意見交換はできるかなーと思います。

以下はアウシュヴィッツの写真。痛々しいものもあり、写真を撮る気分じゃない場所もかなりありました。

アウシュヴィッツの門。左側のBが逆に設置されています。これは収容された人のせめてもの抵抗だったとか。

大量の靴。このショーウィンドウ、20mくらいあるんです。

気分的にカメラ向けられなかったのですが、同じくらいの量の三つ編みされた髪の毛とかありました。

収容された人が処刑された場所、『死の壁』。たくさんの花が。

戻って来たら、宿で夕食。

そう。このときが一番、交流ができるのです。

キッチンで料理をしながら、そこの人と喋り、アウシュヴィッツの感想を言い合います。

日本の戦争はどうだったんだ?とか、そんなことを喋った気がします(忘れてしまった)

かなり、精神的にきつい場所ではありましたが、そんな場所を色んな国の人と回りながら、意見交換をするのも大切だなあと思いました。

このブログの中の人

すぎもん
すぎもん
1991年神奈川生まれ。ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代は海外20ヵ国以上旅したり、カフェを運営。
「お酒×観光」Webマガジン「トラべろマガジン」も運営中。

本ブログでは、ニッチな観光情報や旅行会社を作るための様子を発信中。
SNSをフォローして頂けると最新情報をお知らせします。

SNSをフォローする
スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)
rsugi.comのレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
rsugi.comのレクタングル(大)